So-net無料ブログ作成

サックスの発表会とか。 [サックス]

先日の1月23日(日)は僕がサックスのレッスンを受けている教室の発表会でした。場所は赤坂のB♭。

僕のクラスが演奏した曲は『C jam blues』。
アンサンブルとは言えテーマ自体は簡単だったし、発表会も3度目という事で流石に緊張する事も上がる事もなかったけど、楽器を組み立てたら即本番という進行には、やっぱりチョット不安があるよね。まぁチューニングくらいはするけどさ。真面目な方や時間のある方は会場を抜け出してカラオケ・ボックスやスタジオで練習してから本番に臨んでるけど、僕のクラスは全員ギリギリ集合。(爆)

   
   
何度も練習したsoliやアンサンブルのパートは暗譜して吹けるようにしていたので余裕でクリア。が、簡単なはずのテーマは楽譜をガン見。覚えていなかったぁ。そのためノリとかそういったものへの意識が行かなかったかも。

えっ?アドリブですか??
あぁ、そんなのもやったなぁ。(遠い目)

今回の僕のアドリブソロは、正直まぁ可もなく不可もなしってところかな。考えて行ったのをそのまま吹いただけでした。
残念ながら音源はありません。あったとしても僕はグループ・レッスンの為、4人での発表会なので、他の方の演奏まで勝手にアップ出来ないのです。

一つ残念だったのが、練習やリハの時に比べてバックバンドさんの設定テンポが遅くなってたこと。決め決めのアドリブやってて、練習してたテンポより遅めのテンポが来ちゃうと結構つらい。多少早くなった方がまだ誤魔化せる。きっとリハーサルの状況を見て僕たちに合わせて無理のないように考えてくれたんだろうけどね。


発表会のあとは恒例の打ち上げに参加しないで、月一のジャズ・サックスのレッスンへ。打ち上げにも行きたかったけど残念な事に日が重なっていたのです。

で、そのジャズ・サックスの方の師匠に先月の末に買ったガーデラのマウスピースを披露。ついでにお願いして吹いてもらった。
僕のガーデラを吹いた師匠曰く、「これはすごく良い!僕が欲しいくらいだ!」と。それを聞いて僕は嬉しくて自慢げに「でしょう〜。」と言うと師匠すかさず「僕にとって良いって意味だからね。」と。僕はギャフン!と撃沈、苦笑い。

そんなこんなで師匠の前で、僕もその新しいマウスピースで吹いてみる。その日の師匠は特に機嫌が良かったのか「おぉ、だいぶ僕の音に似てきたねぇ。なかなか良いよ。」と褒めてくれた。
そりゃそうだ、月一とは言え半年も師匠の吹くのを目の前で見て聴いてるのだ。そう吹きたくて通ってるのだから、少しでも変化がなきゃね。

僕がテナーに転向して大きく変えたのは、やっぱりアンブシュア。完全なファットリップへの移行。アルトの時はあまり深くではないけど下唇を巻き込んで、更に結構強く噛んでたんだよね。何日か続けて練習してると下唇に歯型が付いて痛くなってました。

師匠「そうとう練習したでしょう?」
僕「まぁそれなりに。」
師匠「初めの頃と音が全く違う。」
僕「・・・・・・・・」(ここまでくるとチョットおだてが…w)

師匠があんまり僕をおだてるのでw、師匠のやるソロライブというのに行くことにした。師匠のレッスン用のセッティングと本番のセッティングが違うので、久しぶりに本気の音を聴きたくなったのだ。

正直、僕の音が師匠の音に近くなったと言っても、それはあくまで方向性が同じな風に感じると言うか、何となくチョットだけ近いって位のものです。当たり前だけどまだまだ初心者な音には変わりありません。もし僕の音を生で聞く機会がこの先にある方はホント期待しちゃダメですよ。(笑)

まぁ、そんなこんなな楽しい日曜日でした。

発表会が終わって、あとは2月のライブの練習に専念しなくちゃ。
なんだけど、アドリブパートは全部書き譜を吹いてしまおうかと考え中。情けない事言うけど、今のままだとなんか上手くいく気がしなくなってきてる。正直何吹いても絶不調なんだよね。まぁ、その話はそのうちに。

ではでは。

   

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

bad

こんにちは~。そろそろ発表会かなあ~と思ってお邪魔したらもう終わったんですね。お疲れ様でした~。
いい進化をされているようでうらやましいです。
これおも努力の賜ですね!!
マウスピースもリードも確かに「いいよ」と言われても自分にはどうか??
誰もが使ってみないとわかりませんよね。またそれも楽しみなのかもしれません。これからも楽しんでいきましょうね~!! 
by bad (2011-01-30 10:26) 

missy。

badさん、こんにちは〜!!
あぁ、もしかしたら今年初めてですかね、挨拶するのは。
ホント申し訳ありません。最近PCに向かう時間を少なくしてるので、皆さんと疎遠になりがちです。でもメッセージありがとうございます。

発表会、ここだけの話、今回はあまり努力はしてないのです。
いや、全く頑張ってないです。
というのも楽譜は割と簡単に見えたので、最初から(これならギリギリに練習しても出来るなぁ。)とか思ってて、ホント直前にしか練習しなかったのです。
でもこれじゃダメですよね。実際アンサンブルのパートはイマイチノリが合わなかったし、アドリブソロは適当な簡単なフレーズの羅列で済ませちゃいました。反省です。

サックスってホントにひとりひとりみんな音が違うから面白いんですよね。僕も自分の師匠の音に似てきて嬉しいのですが、実際は似てきたってだけで、どう転んでもあの音にはなりません。当たり前ですが。自分の録音を聴くと泣けてきます。(笑)おっしゃるようにそれも楽しんでのサックスです。
by missy。 (2011-01-31 11:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。