So-net無料ブログ作成
サックス ブログトップ
前の10件 | -

最近アルト吹いてます。 [サックス]

いやあ、すっかり忘れてました。もう4月なんですねぇ。
僕がサックスを始めたのが2007年の2月だから、いつの間にか5年が過ぎた訳です。石の上にもナントやら。週一ペースでしか練習が出来なくてもやっぱり馬子にも衣装です。あっ、これは違うか。えっと、、、あ、継続は力なり!!ですかね。
そんな感じがする今日この頃です。

僕は2年くらい前にアルトからテナー吹きに鞍替えしたのですが、実は最近またアルトをチョット練習してます。まぁ気分転換で始めたってのが正直なところなのですが、これが吹き始めると面白い。何が面白いって、以前の僕のアルトの音と丸っきり違う音で鳴るのです。これはテナーに転向してアンブシュアを変えてそれの延長線上でアルトを吹いているからでしょう。で、その音がまたね、良い音なんだな。いや、良い音って言ってももちろん当社比だからね。以前の僕よりってことだからね。でも吹いてて気持ちが良いのです。
ちなみに練習してる曲はデビッド・サンボーンの『シカゴ・ソング』。ジャンルで言うとファンクになるのかな?
一応セッティングを書いとくと、

使用楽器:YAMAHA YAS-82ZULWOF

マウスピース:Gottsu Metal HL 7

リード:Vandren V16 2-1/2

リガチャー:Woodstone Yanagisawa Metal用GP


以前、テナーに転向する直前まではリバイユのメタル(スタジオ)の7番のマウスピースを使ってたんだけど、今現在の吹き方だとリバイユは鳴らすポイントがスゴく狭く感じて吹きにくかったです。同じ7番でもアルトのゴッツメタルは結構開きが大きいんじゃないかな。たぶん。


このゴッツのメタルのマウスピースを買ったのはリバイユよりも実は先で、その当時、ある一部には評判が良かったんだけど、僕の師匠には「扱いきれてない。」「音程が悪い特に高音が話にならない。」「音量のコントロールが悪い。」「メタルっぽくない。」などなど散々でした。僕も音程がやっぱり気になっていたので一ヶ月くらい使ったきりで封印していたのです。

それが今回はそんな酷くないんだな。(裸の大将風。)フラジオになるとどうしても噛むのでそのへんのコントロールは慎重になるけど、それほど(師匠が顔をしかめるほど)悪くない。


あっ、こんな自分の音自慢ばかりしてますが、音源とかはないですよ。

残念でした。

メインはやっぱりテナーなので毎週日曜、一週おきにテナーとアルトを練習している感じです。それでも『シカゴ・ソング』はそこそこ吹けるようになってきたので次は『Run For Cover』でもチャレンジしてみようかな。えっ?アドリブ?アドリブなんて自分じゃそんなカッコいいの出来っこないのでサンボーンのコピーです。それだってモノスンゴク難しいんだから。多分2年がかかり。。。まぁもちろんアルトに飽きなかったらの話だけどね。


ではでは。

みなさん、花見なんかでハシャギ過ぎて酒に溺れないで下さいね。

お元気でお過ごし下さい。

missy。でした。


   


ならず者。 [サックス]

やぁやぁ、みなさん、サックス吹いてますか?
今年も残すところあと一ヶ月くらいになってしまいました。早いものですね。
目には見えませんが、放射能の影響は今もすぐそばにあります。せめて子どもたちだけでも助けてあげたいものです。

閑話休題、
僕のことを言えば、ここ2、3ヶ月はイマイチ、サックスを吹いていても楽しくない時期がありまして、セッションとかにも行かなくなって、なんだかなぁ、という感じで過ごしてました。
アドリブも吹き慣れた曲は毎度同じようなフレーズしか出てこないし、他の練習曲も行き当たりばったり(アドリブだから当たり前?)な手癖とかばかりでただ吹いてるだけだし、難しい曲に手を出したら全く歯が立たなかったり、とか。

という訳で、気分転換にアドリブから離れて普通にポップス?バラードを吹いてみました。

   

続きをどうぞ。


川嶋哲郎のジャズ・クリニックに行ってきた。 [サックス]

やあやあ、みなさん、どのくらいぶりでしょうか。

お元気でしたか?

ってか、もうすっかり忘れられてる感じですかね。

 

近況とかは話が長くなるので割愛。

変わらないペースでサックスの練習は続けてます。

 

で、本題です。

先日の日曜、大久保にある石森管楽器で開催された川嶋哲郎さんのクリニックに参加してきました。このクリニックは不定期でジャズ・サックスの事を川嶋さんがいろいろ語ってくれるという内容で、僕もこれまで何回か参加したことがあります。

 

で、今回のテーマは『セッション』。

よくライブハウスなんかでやっているアマチュア同士が集まってスタンダードを演奏する例のセッションです。

このセッションにこれから参加してみたいとか、参加し始めたばかりとか、参加してるけどもっと上手くなりたいとか、そういった人が一人1曲みんなの前で吹いて、それに川嶋さんが曲の解説とかアドリブの考え方とかいろいろコメントするという内容でした。まぁ実際はサックスへの息の入れ方とか基本的な事も結構多かったです。

 

 

続きをどうぞ。


アンダルシアの枯葉。 [サックス]

さてさて、暑い日が続きますね。皆さん熱中症には気を付けて下さいね。個人的な意見ですが、無理するくらいならエアコン付けて過ごして下さい。

そんな季節柄、いかがお過ごしでしょうか?
ガリガリ君美味しいです。

僕は5月のゴールデンウィークくらいからチョット忙しい日々を送ってまして、女の子とデートする事もままならない感じです。
そんな中、先週の土曜日に僕がサックス・レッスンを受けている師匠の生徒達によるクラスコンサートがありました。平たく言えば身内だけの暑気払いライブです。飲み放題で6時間貸し切り、カラオケバックに好きな曲吹き倒し。さらに今回はプロのピアニストさんが参加してくれて、ピアノとのデュオとかも出来ました。

一応今回の僕のエントリー曲は、セルジオ・メンデス&ブラジル66の『マシュ・ケ・ナダ』と、チック・コリア(リターン・トゥ・フォーエヴァー)の『スペイン』の2曲です。
『マシュ・ケ・ナダ』は同じクラスのアルトさんテナーさんと3人でのアンサンブルでした。残念ながらこちらの音源アップは無しです。
『スペイン』はカラオケバックでの僕のソロ曲でした。
一応こちらは録音したのでアップしてみます。
でもねぇ、チョット残念な結果になってしまいました。というのは、僕は今まで人前での演奏で、変な音を出すとか、リズムがずれるとか、走るとか、遅れるとか、というはいっぱいあったけど、手が止まると言うことはありませんでした。それが今回初めて音を止めてしまったのです。


    

続きをどうぞ。


あなたのすべて。 [サックス]

やぁやぁ、みなさん。
お元気ですか?
3月11日から約2ヶ月が過ぎました。多くの方の命と思いが一瞬にして消えてしまったことに今でも心が折れそうになります。それに何の見通しのないままの原子力、放射能汚染。問題はまだ始まったばかりです。

でも少しずつ次の一歩を踏み出して行く人たちも大勢います。
結婚というものもその一つでしょう。僕は先日の14日(土)、会社の後輩の結婚式に出席してきました。とても素敵な式に披露宴、そして2次会でした。

で、サックス吹きが披露宴で「なんか余興やって下さい。」と頼まれたら、やっぱりサックス吹きますよね?当然です。決して誰も僕に歌を求めてなどいないはずです。(キッバリ!)

という訳で、やってしまいました。
人生初、披露宴でのサックス演奏。曲はMissy。じゃなかった、Misiaの『Everything』。サックス仲間には、「それって不倫の歌じゃないの?』とか指摘されてちょっと考え直そうかと思ったりもしたのですが、ハッピーカラオケとかいうCDにも入ってるし、マッ良いか!って感じで選曲しました。それにみんな知ってて結構盛り上がれる曲調だしね。サックスに合ってるんじゃないかな。

   

続きをどうぞ。


なんや知らんけどソプラノサックスを吹きとうなったんや。 [サックス]

皆さん、お元気ですか?
今回の大地震、それに伴う大津波、原子力発電所の事故。被災地の方も、そうでない方も、今現在いろんな沢山の思い抱きながら過ごしていらっしゃいます。僕の実家も福島なので家族、友人、親戚、知人に連絡がいまだに取れない方も居ます。僕はただ、ここにこうしている事しか出来ません。義援金くらいか、あとは今後の予想される最悪のケースをシュミレーションしておく事くらいです。


という訳で、気晴らしに数時間ソプラノサックスを吹いてきました。

あっ、タイトル、変な大阪弁ですかね。スミマセン。

「なんや知らんけど」なんて書いたけど、吹きたくなったきっかけはあります。

きっかけ その1
僕がジャズ・サックスを習っている師匠とレッスン時にソプラノサックスの話になって、僕が一応ソプラノを持っていると言うと、「じゃあ、今度持って来なよ。」ということになったのですが、テナーも満足に吹けないのにソプラノなんてと思っていて、それがまだ実現してません。で、次のレッスン前にチョットくらいは練習しておこうかなぁ、と言う魂胆です。

きっかけ その2
この僕のブログにコメントを頂く方々の中の『うらら』さんが新しくソプラノサックスを買ったという事で、ソプラノの先輩としては絶対『負けたくない!』という気持ち。

きっかけ その3
現在発売号のサックス&ブラス・マガジンに吹きやすそうな楽譜とカラオケが付いていた。


そんないくつかの要因が重なって、ソプラノサックスを取り出しました。


   

続きをどうぞ。


初めてのギャラ。(焼肉じゃないよ!) [サックス]

先日の2月14日、そう、例の大雪のヴァレンタインデーの夜に初めてライブを演りました。
初めてって書いたけど、中学のとき、ブラバンでトロンボーンを吹いて大会に出たことはあるし、サックスを始めてからも知り合いの結婚式でサックス・アンサンブルで演奏したこともあります。もちろんサックスの発表会や、知り合いのレストランでカラオケをバックに吹かせてもらった事も。
でも今回はこれまでとチョット違います。いや、かなり違います。何度も練習を繰り返したバンド仲間とのライブです。そして初めてのワンホーン・カルテット。つまりピアノ・トリオ+サックスという、僕にとっては逃げ場がない演奏形態です。

僕は去年の春頃からセッション形式のレッスンに通っていて、ブルースや簡単なスタンダードを中心にアドリブの練習をしてきました。今回のバンドのメンバーは全員そこで知り合った人たちです。なのでベースさん以外はちゃんとジャズをやり始めてまだ間がない人の集まりです。
そしてそのメンバーのピアノさんが毎週ソロピアノを演奏しているレストランが今回の僕たちのステージとなりました。恐ろしい事に100人ほど入るレストランの客席はほぼ予約でいっぱいということでした。

    

続きをどうぞ。


Look - Only - Very - Even. [サックス]

イヤー、今日から2月になっちゃいましたねぇ。
ホント歳をとると時の経つのが速い。一ヶ月なんてアッという間です。

さてさて、そう言う訳でアッという間に僕がサックスを始めて丸4年が経ってしまいました。5年目突入ですよ奥さん。チョット凄くないですか?
もともと飽きっぽいのを通り越して冬っぽいとまで言われて育ったこの僕が、同じ趣味を4年間も続けるなんて、ほんとビックリです。

ちなみに1年前、3周年の時の記事がこれ。
似たような事を毎年書いてます。(苦笑)


      

続きをどうぞ。


サックスの発表会とか。 [サックス]

先日の1月23日(日)は僕がサックスのレッスンを受けている教室の発表会でした。場所は赤坂のB♭。

僕のクラスが演奏した曲は『C jam blues』。
アンサンブルとは言えテーマ自体は簡単だったし、発表会も3度目という事で流石に緊張する事も上がる事もなかったけど、楽器を組み立てたら即本番という進行には、やっぱりチョット不安があるよね。まぁチューニングくらいはするけどさ。真面目な方や時間のある方は会場を抜け出してカラオケ・ボックスやスタジオで練習してから本番に臨んでるけど、僕のクラスは全員ギリギリ集合。(爆)

   

続きをどうぞ。


あけましておめでとうございます。 [サックス]

あけましておめでとうございます。
2011年、何か良い響きの数字です。多分最後の『1年』という響きが何かのスタートとかフレッシュな感じをもたらすのでしょう。悪くない今年です。

さて、僕は今、一年ぶりに田舎に帰ってきていてダラダラと過ごしております。当然ながらサックスを持ってきていて、日中は3,4時間、近くのカラオケボックスで練習してます。親不孝な私です。

続きをどうぞ。


前の10件 | - サックス ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。