So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマスな夜。 [サックス]

さてさて皆さん、今年も残り一週間を切りましたね。本格的に寒くなってきて、地域によってはかなり雪が降っているようです。そんな中いかがお過ごしでしょうか?サックス吹いてますか?


この時期は忘年会やクリスマスなど、とにかく飲み続けの毎日です。自分で自分をちゃんと管理していかないと身体が壊れてしまいかねません。お気を付け下さい、自分w。


そんな中、クリスマス当日の25日(日)に、とあるダイニング・バーでサックスを吹く機会を頂きました。まぁカラオケをバックに吹くだけなんだけど、友達の他に数名の一般のお客さんもいるバーです。


   


続きをどうぞ。


9月とツェー・ジャム。 [サックス]

さてさて前回のエントリに書いた忘年会での演奏を録音してくれた親切な(?)方がいて、僕の吹いてる音源を貰いました。

せっかくなので久しぶりの演奏の音源アップです。

曲は2曲、地球の風と火の『9月』と『しー・じゃむ・ぶるーす』(これ、平仮名で書くとマッチが歌ってる曲のタイトルみたいだね。)



   

続きをどうぞ。


忘年(相手との年齢の違いを忘れること)会、ある意味そんな夜。 [サックス]

皆さん、こんにちは。

なんか割りと落ち着いた12月の後半を過ごしているmissy。です。

落ち着いたと言っても仕事の実作業だけで、忘年会につぐ忘年会と夜だけ落ち着きません。(笑)


そんななか、先週の土曜日は僕が通っているサックス・レッスンのクラスでのセルフ発表会&忘年会でした。

これは同じ師匠に習っている各校(銀座校、渋谷校)の生徒が集まって合同で発表会をやろう、しかも飲みながら吹こうぜっ!っていう会です。

この発表会は今年の5月にもやっていて、なかなか良い企画なので年に2回、毎年続けていけたら良いなと思っています。持ち寄ったマイナスワンなどのカラオケをバックに吹くのですが、楽しさでいったら普通のYA◯A◯Aの発表会より楽しいかな。(爆)


   

続きをどうぞ。


久しぶりに練習記録でも。 [サックス]

10/12/12(日)
テナーサックス自主練習
カラオケボックス5時間

Long Tone(4度進行)
●OverTone
Chromatic Scale 200bpm
Eric Marienthal Chromatic Exercise up & down 140bpm
Major Diatonic Chords Arpeggio,  All 12key 全音域(up & down)
 1-3-5-7、2-4-6-8、3-5-7-9、4-6-8-10、5-7-9-11、6-8-10-12、7-9-11-13
●Harmonic Minor Scale Exercise  & 
フィンガートレーニング 140bpm
(至高のジャズ・サックス・アドリブ・テクニック/河原塚ユウジ)より

Confirmation
●『Someday My Prince Will Come
C Jam Blues』(発表会用)
September』(発表会用)
●『Watermelon Man

昨日の日曜の練習記録でも書いてみる。
前回のエントリのanneさんのコメントで、(そう言えば最近あまり基礎練やってないなぁ。)と気づかされ、そういった練習メニューにしてみた。

   

続きをどうぞ。


少しは私に時間を下さい。(もしくは才能w) [サックス]

さてさて皆さん、12月に入り今年も残るところ4週間あまり、忘年会や仕事の追い込みなど忙しい中、風邪などひいたりしてませんか?
僕はここ数週間、ずっと喉が痛くて困ってます。うがいやのどスプレーなどコマメにやってるのですが、なかなか良くなりません。チョットした風邪なのでしょう。サックス吹いてても結構気になります。

まっ、それはさておき、最近僕は曲の練習ばかりやってます。ざっと上げてみますね。

☆『コンファメーション』
☆『いつか王子様が』
☆『ジャスト・フレンズ』

☆『Cジャム・ブルース』
☆『セプテンバー』

☆『枯葉』
☆『バイバイ・ブラックバード』
☆『ウォーターメロンマン』
☆『L-O-V-E』
☆『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』
☆『セント・トーマス
☆『この素晴らしき世界』
☆『There Is No Greater Love』
☆『サテン・ドール』

    

続きをどうぞ。


iReal Book は凄い。 [サックス]

さてさて皆さん、こんにちは。
ブログのデザイン変えてみました。
いまさらながら自分のアルト・サックスの写真です。
テナーに転向したとか言いながら、アルトです。
僕がサックスを始めてからほぼ3年間、苦楽(笑)を共にした楽器です。
なので感謝の気持ちを込めてブログトップのデザインにしてみました。
まっ、ただ単にテナーの自分で撮った写真がなかっただけなんだけどね。

本題。
前回のエントリの最後にサックス練習とiPadについて書く、みたいな事を書いたままにしてたので、一応書いてみます。

僕が今年の5月にiPadを買って初めに購入したのが『iReal Book』というアプリでした。名前からも解る通り、アノ有名な『Real Book』のデジタル・アプリ版です。
この『iReal Book』、簡単に言うとジャズスタンダードなどの有名な曲のコード譜集なのですが、さすがにデジタル化されていて、キーを指定すると一発で移調されたコードが表示され、移調楽器の人は設定で自分の楽器のキーをしておくだけで、その楽器のキーでコード譜が表示されます。
それに自分のプレイ・リストが作れるので、自分のレパートリーをまとめておいたり、ライブでやる曲を順番に整理しておく事も出来ます。
それから既存の曲をコピーして、新たに編集をくわえたり、更には、オリジナルの曲を追加する事も出来ます。

で、この『iReal Book』、何が一番スゴイのかって言うと、今のバージョンになってプレイ機能が付いたということでしょう。

   


続きをどうぞ。


この半年くらいの事を。Part 2 [サックス]

さてさて前回に続いてここしばらくの事を書いておきます。


僕は今年の4月から池袋にあるマイルス・カフェというライブハウスが行っている、『ジャズ・マスター・3ヶ月コース』なるものに参加しています。4月から3ヶ月なのにいまだに『参加しています。』というのは、初めに初級コースが3ヶ月あって、そのあとに続いた中級コース3ヶ月にも同じく通っているからです。


初級コースでは、初めはずっとFのブルースばかりでした。でもキーはFなのにテーマはなぜか『Cジャム・ブルース』という変則的な題材でした。解りやすく書くと、『Cジャム・ブルース』をFのキーでやろう、って事です。

これで慣れてくるとテーマを『バグス・グルーブ』だったり『ナウ・ズ・ザ・タイム』だったり『ビリーズ・バウンス』だったりに替えて練習していきました。僕は『ビリーズ・バウンス』が好きなのでこればっかり。いまだにチャント吹けないけどね。

そしてレッスンも中盤を過ぎると、次に『枯葉』を題材に取り上げるようになりました。初級コースはほぼこの2曲です。この辺は以前ブログに書いていた事ですね。



   

続きをどうぞ。


この半年くらいの事を。Part 1 [サックス]

さてさて、皆さん、お久しぶりです。
こうまでブログ書いてないと、もうすっかり忘れられてしまってそうなので、なんか適当にいろいろ書いてみます。

相変わらずサックスの練習は週一ペースでしか出来てなくて、夏休みも結局取れずに今に至る生活です。
とはいえ、この半年くらいの間、サックス関連でいくつかあったので、それらを書き残しておきます。

まず、テナー・サックスに完全にシフトしました。
ツィッターでは重いとか大きいとかグチってましたが、まぁ、慣れました。
ただ、今のセッティングは以前このブログで紹介したものと違ってます。
楽器はYAMAHA YTS-82Zで、マウスピースはYAMAHAの4C、たまにオットーリンクのラバーで7☆。
リガチャは付属のやつで、リードはヴァンドレンのV16.2-1/2か、RICO JAZZ SELECT 2Mだったりします。
楽器は新品じゃなく、安く譲ってくれる人がいたので、それを使ってます。
以前紹介したセルマーのテナー、SA80 Serie1 シルバーのやつはしばらく休んでもらってます。石森管楽器でタンポの交換や調整等、4万円くらいかけてリペアしたのですが、これをチャント吹きこなすには僕の技術ではまだまだ無理でした。


    

続きをどうぞ。


この一ヶ月間。 [サックス]

さて、皆さん、こんにちは。

スンゴイお久しぶりです。

元気にされてましたでしょうか。

先日の発表会のあとのこの約一ヶ月間、自分のふがいなさにうちひしがれていた私です。


まぁ、発表会のことを簡単に書くと、自分では割と完璧に出来ると思って臨んだ演奏も、自分の出番が近づくにつれ、完璧に出来る、が、完璧にやらなきゃ、と変わっていって、どんどん自分にプレッシャーをかけてしまい、しまいにはステージに立って曲のイントロが流れた時点で自分の指が震えている事に気がつき、今まで一度も間違えた事のないテーマ部を指が上がらずに違う音を吹いてしまい、それが2度3度。アドリブパートに入るともう頭の中は真っ白になっていて曲のニュアンスがどうとか全く意識出来ず、リズムに合わせて吹くだけで精一杯。で、いつの間にか曲が終わっていた、と、そんな感じです。


あっ、上に書いたのはソロで演奏した『シェイカー・ソング』の話です。Aトレインは練習不足で満足な演奏は出来なかったけど、一人じゃないので破綻はしなかったかなと思います。同じく『チキン』も、音が裏返ったりしたけど、まぁ何とか勢いで演奏出来たかな。


以上、発表会はざっとそんな感じでした。



    

続きをどうぞ。


発表会10日前。 [サックス]

さてさて、今週はブログを書こう週間な訳で、またまたなんか書いてみます。


昨日はいつものサックス・レッスンの日でした。

チューニングとロングトーンが終わるとすぐに発表会用の曲練習です。昨日は『チキン』から練習をしました。主にそれぞれのアドリブソロのパートを中心に細かくチャックされました。

ファンクは縦でリズムをキッチリ合わせること。そして休符の間をしっかりとること。16分音符の4つ目の音から吹くのが待てずに八分音符みたいに吹いてしまっていると。

なかなか上手く吹けないものです。

今回のこの『チキン』はアルトのソロ2コーラス、テナーのソロ2コーラスと全部で4コーラスのアドリブソロがあるのですが、僕たちのクラスは今回はアルトが2人、テナーが1人なので、アルトのソロを前半後半と2人で分けて演奏します。僕は2コーラス目のソロを吹きます。まぁ、ノリで(勢いで)吹いてしまえば解らないかもしれないけど、僕としてはいまだに納得いくように吹けてないです。あと10日、なんとかしなくちゃね。何回練習出来るかなぁ。

ソロのあとのソリのパートはリズムを間違わずに吹けました。

あっ、あと問題はキメのフレーズ『タラッ、タッ、タッ、タ、タラ』の頭でフラジオのGから吹き始めるのが2回あるんだけど、これが曲を通して吹いた時は一度もちゃんとヒットしてないなぁ。そこだけ繰り返して練習する時は何とかいけたりするんだけどね。ここは何とか決めたい。


   

 

続きをどうぞ。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。